本文へ移動

沿革

沿革

1975年4月
愛知県岩倉市に後藤工業株式会社を設立。 切削、研削、ねじ転造を営業品目とし加工受託。
1994年2月
企業特色を持つため、削らない工法「フォームローリング」に着手。
1996年6月
フォームローリング工法による新規部品を受注。
2001年2月
フォームローリング加工の可能性、将来性を考え、切削、研削部門を後藤技研として分離独立させ、後藤工業は転造機を増設し転造専門メーカーとしてスタート。
2004年5月
愛知県小牧市三ツ渕に小牧工場をオープン。
2005年5月
小牧工場、小牧南工場、製品倉庫に拡張。
2007年1月
ISO9001認証取得
2008年9月
本社建屋老朽化と職場環境の改善目的により小牧市が運営管理する小牧東部工業団地に工業用地を購入。
2009年6月
小牧東部工業団地に全面移転 「株式会社G-TECH」に社名変更
2013年1月
 
 
2014年9月
 
 
2015年10月
業種・業界にとらわれない幅広いお客様に対応すべく営業エリアを全国に展開。
 
「平成25年度ものづくり補助金事業」採択。(1回目)
 
 
「平成26年度ものづくり補助金事業」採択。(2回目)
2016年3月
新工法「サポートリング工法」を開発。
G-TECH初となる特許を取得。(特許第5892715号)
2017年1月
 
 
2017年2月
 
 
2018年1月
 
 
2018年7月
 
 
2018年10月
 
 
2019年1月
東京ビッグサイトにて行われたオートモーティブワールド2017
「自動車部品加工EXPO」に初出展。
 
新商品「G-BOLT」を開発。
G-TECH 2件目の特許を出願
 
東京ビッグサイトで行われた、オートモーティブワールド2018
「自動車部品加工EXPO」に2年連続出展。
 
 
「平成29年度ものづくり補助金事業」採択。(3回目)
 

新商品「ウェーブグリップ」を開発。
G-TECH初の意匠を取得。(登録第1616602号)
 
東京ビッグサイトで行われた、オートモーティブワールド2019
「自動車部品加工EXPO」に3年連続出展。
TOPへ戻る